鳩などの害鳥による被害を食い止める|人の生活を乱す害獣対策

対策を考える必要がある

胸に手を当てる作業員

これからのコウモリについての予測

日本全国でコウモリの被害は増えています。この被害は、今後もこのペースで増えていくことが予想されています。主な理由としてコウモリの生息域が町の中にまで広がりつつあることが挙げられます。本来なら田舎の洞窟の中や人の住んでいない家屋などを住処としていました。しかし、森林の減少などによる食料の不足から潤沢に食料がある町中にまで進出しているのです。町中では倉庫などの軒下に巣をつくることが多いようです。コウモリが町中にまで増えることでコウモリ駆除の依頼も比例して増えていくことが予想されます。一般の人の多くはコウモリに対しての知識が少なくその対処法もわからないためコウモリ駆除業者の存在はその重要度を上げていきます。また、人に害を与えるのはコウモリだけではありません。例えば、町中などでよく見かける鳩などもフンによる被害やゴミを漁るなどの被害が出ているのでしっかりと鳩に対する対策を行なっていかなければなりません。鳩などの場合はコウモリ駆除と同じように専門の駆除業者が存在しているのでその駆除業者に対策を依頼してみましょう。

コウモリの殺処分駆除は禁止されている

日本で見ることのできるコウモリの多くはアブラコウモリという種です。別名家コウモリとも呼ばれていて民家の天井裏などに住み着きます。自分の身体よりも小さい穴から潜り込めるため、民家に巣をつくられても発見が遅れてしまうケースが多々あります。このコウモリは蚊や蛾などを食べてくれるため益獣として扱われることもあります。しかし、糞による害や体についているノミやダニによる被害などがあるため注意しなければなりません。ですが、勝手にコウモリ駆除を行なうことは禁止されています。なぜならば、コウモリは鳥獣保護法の中に含まれているため殺処分や捕獲などのコウモリ駆除は禁止されているからです。よって追い出すことをメインに据えた対処法が行われています。

まずは受付をしよう

散布機を持つ男性

コウモリ駆除を行う際にはコウモリ駆除業者を利用したらスムーズに被害をおさえることが可能です。駆除業者は自宅をしっかりと調べ、コウモリへ適切な対処を行ってくれるのでまずは駆除受付をしましょう。

詳しく見る

ムカデへの対策をしよう

笑顔の作業員

ムカデは暗くてジメジメした場所で活発に活動する害虫です。ムカデに刺されてしまうと刺された部分が腫れ上がってかなり痛いので注意しましょう。ムカデが自宅に大量発生してしまった場合はムカデ駆除業者に依頼しましょう。

詳しく見る

早い段階での駆除が大切

女性作業者

コウモリの糞にはたくさんの雑菌が含まれているので、免疫が弱い子どもは感染症にかかるリスクもあります。そのため、コウモリに気づいたらすぐにコウモリ駆除を行なわなければいけません。

詳しく見る